メガネの富安

メガネの富安では超特価フレームからブランド品のフレームまで格安価格・安心価格で
責任をもって 信頼のメガネを皆様にご提供をしております。

度付きメガネの通信販売について

 

コンテンツ

日本映画横断

メール会員登録

 

HOME»  チャンバラ映画傑作選

チャンバラ映画傑作選 BEST10

 

順位 タイトル 監督 製作年 一言メモ
1 七人の侍 黒澤明 1954 世界のアクション映画のお手本
2 用心棒 黒澤明 1961 骨を断ち切る音にびっくり、殺陣の擬音に革命をもたらす
3 十三人の刺客 工藤栄一 1963 この傑作2本で熱狂的な工藤ファンを獲得
4 大殺陣 1964
5 座頭市 北野武 2003 やはりこのランクあたりに入る傑作でしょう。
6 子連れ狼シリーズ 三隅研次 1972 若山富三郎、殺陣のうまさは絶品
7 宮本武蔵シリーズ 内田吐夢 1961 中村錦之助、時代劇役者として絶頂期をやや過ぎた頃の作品群
8 浪人街 黒木和雄 1990 この映画の完成後主演の勝新太郎が大麻で逮捕され、公開が大幅に遅れた。不幸な公開をされたものの映画の出来は優れている。流れるようなチャンバラシーンが魅了する。
9 血槍富士 内田吐夢 1955 チャンバラ映画に入れるのはやや無理なのですが、監督中国抑留から帰国後はじめての作品。「海ゆかば」ラストに込められた監督の心情に慟哭。
10 続・座頭市物語 森一生 1962 若山富三郎=城健三朗が主演、勝は殺陣に関しては兄の方がはるかに上手だと認識していたし、この作品を見るとよく理解できる。

 

HOME